ホーム | 医療と介護は似ているようで違うことが多い »

2015年1月28日

デイサービスナースの仕事を詳しく紹介

多義にわたる仕事内容

vdye.jpg
デイサービスでの看護師の仕事内容として、
バイタル測定を行い運動や入浴が可能かの
判断をすることや、

食事の介助、
軟膏の塗布や点眼、爪切りや服薬の管理、
血糖値測定とインスリン注射などが挙げられます。


その他、施設によって
レクリエーションの企画・サポートや、
リハビリテーションの介助をする場合もあります。

ケアワーカーやホームヘルパーとも連携を取りながら、
利用者とその家族の生活をサポートしていくことが
業務の中心
になります。


デイサービスの形態や規模によって、
必要な業務に差がある場合もあります。



医療行為にも幅がある?

小規模な施設では、医療行為が必要な利用者を
受け入れていない場合もあります。

逆に規模が大きく、常駐の看護師も多いような施設では、
介護度が重い利用者の受け入れも可能なため、
そこで働く人に求められる医療行為の幅も広がります。


具体的な仕事内容には幅があることが多いため、
直接施設へ確認を取るのが最も確実
です。

基本的には健康上大きな問題を
抱えていない利用者が多くなりますから、
病院での勤務と比べるとゆとりを持って
仕事にあたれる場合が多いと言えます。


勤務形態は通常、日勤のみであり、
また、定時に利用者が帰宅するため、
原則的に残業はありません。



病院勤務経験があれば問題なし

juhelqp.jpg
これまでデイサービスでの経験がなく
新しく働く場合であっても、

リハビリや社会交流等を目的とした
介護福祉施設であることから


高い医療技術や知識を求められることなく、
病院勤務の経験があれば
直ぐに慣れることができます。

その具体的な仕事内容は、
利用者の健康管理が中心
です。


これに伴い内服薬の管理や利用者によっては
インスリン注射や吸引等の医療処置、

あと軽い機能訓練の介助そして
容体急変時の対応などがあります。


そして、多くの施設では
看護師の1人制を採用しており、

複数在中するスタッフの中でも唯一の医療者として
多数の利用者の健康を管理することになります。



利用者の状況把握は重要

そのためこちらで新しく働く場合には、
はじめの仕事として利用者の状態を
把握することが重要
となります。

特にデイサービスの利用者は
何等かの障害や疾患を抱え
介護を必要とされる高齢者の方です。


また多くの施設が
1人制を採用しています。

ですので、他のスタッフから
専門的な医療情報を得られることは期待できない為、
自ら情報を収集して管理することが必要となります。


そして、その情報収集の為にも利用者との対話や
他のスタッフとの連携が重要となりますので、
コミュニケーションが大切な仕事となります。



このブログ記事について

このページは、53tewが2015年1月28日 05:28に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「医療と介護は似ているようで違うことが多い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。